子供 赤ちゃん 症状 病気

子供赤ちゃんにみられる症状!病気?


サイト紹介

当サイトでは子供や赤ちゃんにみられる症状から考えられる病気をできるだけわかりやすく簡単にまとめて解説しています。子育てに奮闘中のお母さん、これから子育てを控えるお母さんのお役にたてれば幸いです。また、子供がよくかかる感染症や心の病気、生活習慣病、小児がんなどちょっと気になる病気なども掲載しております。
子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?top
menu
子供・赤ちゃんの症状について


症状は病気を知るうえで大切なサイン。でも、赤ちゃんの場合しゃべることができないので痛みや苦しみなどは伝わりにくいものです。常日頃からおかあさんは観察をして「おかしいな」「いつもとちがうな」と気づくことが重要です。



病気を判断するポイントは

赤ちゃんに現れる症状は様々です。泣き方、泣き声、きげん、眠り方、食欲、顔色、発熱、発疹などは病気を知る上で大切な判断要素となります。病気を判断するポイントは一つの症状にこだわらないで、赤ちゃんの状態を総合的にみることです。

たとえば高熱であってもきげんが良ければ様子を見ますが、熱が低くてもぐったりしていたり顔色が悪い場合は病状は重い場合が多く、すぐに病院へ連れて行かなければならなりません。



かかりつけの医師を見つけておこう

とくに1歳未満の赤ちゃんは病気に対しての抵抗力はとても弱いもの。いつなんどきに症状があらわれて大変なことになってしまうかわかりません。赤ちゃんが病気になってしまってからあわてないように最低限の病気の知識と、自宅から近いところのかかりつけの小児科医を見つけることです。

常日頃から見てもらっていれば赤ちゃんの異変を察知して的確に対処してもらえるでしょう。また、少しでも不安なことがあれば相談できるし、病気になったときには何よりもおかあさんが安心できますね。



こんな症状が現れたらすぐに病院で受診しましょう

 ・ 大きなやけどをしたとき
 ・ 毒物や異物を飲んだり食べてしまったとき
 ・ 息苦しそうなとき
 ・ ひきつけたとき
 ・ 血便、血痰が出たとき
 ・ 急にぐったりしたとき(意識がない)
 ・ 急に顔色が変化したとき(青くなる、白くなる、唇や爪が紫色になる。)
 ・ 急にむくんだとき
 ・ 脱水症状を起こしたとき
 ・ 高熱が出たとき(とくに3か月未満の赤ちゃん)
 ・ 激しい下痢や嘔吐を繰り返したとき

とくに1歳未満の赤ちゃんは病気に対して非常に弱いものです。お母さんはそのことを念頭に置いて速めに対処してあげましょう。








症状のいろいろ
部位別症状
気になる病気
当サイトについて
プロフィール
リンク


Copyright(C)子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?All right reserved