心の病気 種類 

心の病気の種類


サイト紹介

当サイトでは子供や赤ちゃんにみられる症状から考えられる病気をできるだけわかりやすく簡単にまとめて解説しています。子育てに奮闘中のお母さん、これから子育てを控えるお母さんのお役にたてれば幸いです。また、子供がよくかかる感染症や心の病気、生活習慣病、小児がんなどちょっと気になる病気なども掲載しております。
子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?top > 心の病気
menu

心の病気


子供の心の病気は発達障害、心身症、神経症、精神病などに分類されます。発達障害は、脳機能に生まれつき障害があるもので、人とのコミュニケーションが苦手です。また、その特異な行動や態度から他人から誤解されやすいものです。

心身症は体の病気ですが、病気の発症や悪化には不安など心理的なものが大きくかかわってくるものです。

神経症は、心理的なものが主な原因となるもので体の病気ではありません。恐怖感や強い不安感から起こる不安神経症、あることにこだわる強迫神経症に分けられます。

子供の心身の機能はまだ発達段階にあり未熟で未分化なので、心の悩みは主に発熱や頭痛、腹痛、意識消失、聞こえない、見えない、下痢、嘔吐などの身体症状で表現されるのが特徴です。



心の病気のいろいろ

発達障害  アスペルガー症候群 自閉症 学習障害 精神遅滞 どもり

注意欠陥多動性障害
 

心身症  過換気症候群 過敏性腸症候群 チック症 アトピー性皮膚炎

神経症  不登校 過換気症候群 パニック障害 強迫性障害 どもり

精神病  統合失調症(精神分裂病) 躁うつ病 症状精神病

 
その他  家庭内暴力






症状のいろいろ
部位別症状
気になる病気
当サイトについて
プロフィール


Copyright(C)子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?All right reserved