小児がん 種類 

小児がんの種類


サイト紹介

当サイトでは子供や赤ちゃんにみられる症状から考えられる病気をできるだけわかりやすく簡単にまとめて解説しています。子育てに奮闘中のお母さん、これから子育てを控えるお母さんのお役にたてれば幸いです。また、子供がよくかかる感染症や心の病気、生活習慣病、小児がんなどちょっと気になる病気なども掲載しております。
子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?top > 小児がん
menu

小児がん


小児がんは子供1万人に1人発生するもので大人のがんに比べれば大変少ないものです。発生の原因はわかっていませんが、大人のがんが環境に大きく関わっているのに対し、小児がんは子供の体質や妊娠中の母親の喫煙や飲酒がかかわっているのではないかと言われています。

小児がんは大人のがんに比べて進行が速く、転移しやすいのが特徴で子供の死亡率が高い病気です。中でも白血病が特に多く、次いで脳腫瘍、神経芽細胞腫、悪性リンパ腫が多くみられます。

治療は化学療法と手術が併用して行われますが、現在では治療の進歩で約半数の小児がんが治せるようになってきています。治癒率を高めるためにも早期発見と早期治療は重要です。普段から子供の体を観察し異常に気付くこと。とくに痛みのない腫れものには注意が必要です。



小児がんのいろいろ

小児脳腫瘍 悪性リンパ腫 神経芽細胞種 網膜芽細胞腫 ウィルムス腫瘍 

横紋筋肉腫 白血病







症状のいろいろ
部位別症状
気になる病気
当サイトについて
プロフィール


Copyright(C)子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?All right reserved