新生児(生後4週間)にみられる病気 

新生児(生後4週間)にみられる病気


サイト紹介

当サイトでは子供や赤ちゃんにみられる症状から考えられる病気をできるだけわかりやすく簡単にまとめて解説しています。子育てに奮闘中のお母さん、これから子育てを控えるお母さんのお役にたてれば幸いです。また、子供がよくかかる感染症や心の病気、生活習慣病、小児がんなどちょっと気になる病気なども掲載しております。
子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?top > 新生児(生後4週間)にみられる病気
menu

新生児(生後4週間)にみられる病気


生後4週間(28日)以内の赤ちゃんは新生児と呼ばれています。この時期は母親の体内から出て、自力で外の環境に慣れていくための期間です。

赤ちゃんの体の機能は大人と違ってすべてが未熟です。また、病気に対する抵抗力が弱く、進行も早く、ダメージも予想以上に大きなものです。そのため、病気になりやすく死亡する危険性が最も高い時期といえます。赤ちゃんを注意深く観察することは大切ですが、神経質になり過ぎることもよくありません。ゆったりした気持ちで子育てすることが大切です。



新生児にみられる病気のいろいろ

低出生体重 胎内発育遅延 呼吸窮迫性障害 頭蓋内出血 慢性肺疾患 

壊死性腸炎 未熟児網膜症 低酸素性虚血性脳症 胎便吸引症候群 

新生児生理的黄疸 新生児溶血性疾患






症状のいろいろ
部位別症状
気になる病気
当サイトについて
プロフィール


Copyright(C)子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?All right reserved