吐き気 嘔吐

吐き気・嘔吐から疑われる病気


サイト紹介

当サイトでは子供や赤ちゃんにみられる症状から考えられる病気をできるだけわかりやすく簡単にまとめて解説しています。子育てに奮闘中のお母さん、これから子育てを控えるお母さんのお役にたてれば幸いです。また、子供がよくかかる感染症や心の病気、生活習慣病、小児がんなどちょっと気になる病気なども掲載しております。
子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?top > 吐き気・嘔吐
menu

吐き気・嘔吐


子供は食事中に咳をしただけで吐いてしまうことがありますが、全身状態がよく吐いた量がが少ない場合は心配いらない場合が少なくありません。

しかし、嘔吐する病気には脳炎、髄膜炎、脳出血、脳腫瘍など重篤な病気やウイルス感染による胃の炎症でも起こるので注意が必要です。

  
吐いてしまったとき

異物を喉を詰まらせて窒息したり気管に入ってしまうと肺炎を起こす危険があるので顔を横向きか下向きにして全部吐かせてしまうことが大切です。

また、子供はちょっとした嘔吐でも脱水が激しいので少し様子を見て水分の補給も忘れずに。水分を与えても繰り返し吐いてしまうときは脱水症状を引き起こす危険があるので急いで受診することが必要です。



吐き気・嘔吐症状のいろいろ

頭痛を伴う  脳腫瘍 脳膿瘍 脳炎・髄膜炎

腹痛を伴う  虫垂炎 腸閉塞(イレウス) 食物アレルギー 

食中毒 腸重積症 ウイルス性胃腸炎

熱を伴う  脳炎・髄膜炎 脳腫瘍 脳膿瘍 急性中耳炎 

急性咽頭炎 急性扁桃炎

赤ちゃんの嘔吐  新生児メレナ 幽門狭窄症 溢乳(いつにゅう)

食べ物がつかえる  食道アカラシア

ぐったりして顔色が悪い  自家中毒症(アセトン血性嘔吐症)






症状のいろいろ
部位別症状
気になる病気
当サイトについて
プロフィール


Copyright(C)子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?All right reserved