肥満(太りすぎ)

肥満(太りすぎ) 


サイト紹介

当サイトでは子供や赤ちゃんにみられる症状から考えられる病気をできるだけわかりやすく簡単にまとめて解説しています。子育てに奮闘中のお母さん、これから子育てを控えるお母さんのお役にたてれば幸いです。また、子供がよくかかる感染症や心の病気、生活習慣病、小児がんなどちょっと気になる病気なども掲載しております。
子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?top > 肥満(太りすぎ)
menu

肥満(太りすぎ)


赤ちゃんが太っているのはあまり運動していないので問題ないようです。しかし、乳児から幼児、学童へと成長するにしたがって太ったまま、あるいは、さらに太っていく場合は問題です。

肥満は将来、高血圧や糖尿病、心筋梗塞などの生活習慣病に結びつくだけに食生活やライフスタイルを改善することが必要です。

肥満の原因となるのは、あまり体を動かさないでテレビやゲームに夢中になったり、脂肪の多いおやつ、糖分の多いジュースを多く摂りカロリーの摂取量が運動量を上回るためです。

子供はお母さんが作った食事を食べているわけですからお母さんが食事を作る際にカロリーを考えながらバランスの良い食事を作らなければなりません。子供のうちに正しい食生活と適度な運動を身に着けさせましょう。







症状のいろいろ
部位別症状
気になる病気
当サイトについて
プロフィール


Copyright(C)子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?All right reserved