赤ちゃん 鼻

赤ちゃんの鼻の特徴


サイト紹介

当サイトでは子供や赤ちゃんにみられる症状から考えられる病気をできるだけわかりやすく簡単にまとめて解説しています。子育てに奮闘中のお母さん、これから子育てを控えるお母さんのお役にたてれば幸いです。また、子供がよくかかる感染症や心の病気、生活習慣病、小児がんなどちょっと気になる病気なども掲載しております。
子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?top > 赤ちゃんの鼻の特徴
menu

赤ちゃんの鼻の特徴


赤ちゃんの鼻の粘膜はとても敏感です。空気が乾燥したり、気温の変化が激しいと鼻の粘膜が腫れて鼻づまりをおこしたり鼻水がでたりします。

また、赤ちゃんの鼻と耳をつないでいる耳管はまだ未発達なためにウイルスや細菌が入りやすく鼻水をとらないでそのままにしていると中耳炎になることもあります。人間の鼻と眼は鼻涙管でつながっているので鼻が詰まればまぶたや眼の腫れの原因にもなります。

鼻水対策としては鼻水専用の吸引器を使ったり、おかあさんが直接口で吸い取ってあげることです。鼻づまりには蒸しタオルを鼻の下に当てて加湿したり、鼻の入り口を綿棒などを使って刺激してくしゃみをさせてあげると鼻水や鼻くそが一気に取れるので効果的です。

日ごろから、おかあさんは赤ちゃんの鼻を清潔に保ち、こまめに換気するなどして部屋の空気をきれいにし加湿器あるいは部屋に洗濯物を干したりして湿度を高めに維持することも大切です。



鼻に現れる症状

鼻水が出る  副鼻腔炎 急性鼻炎 風邪症候群 アレルギー性鼻炎

鼻づまり  アデノイド肥大(アデノイド増殖症) 血小板減少性紫斑病 

扁桃肥大 急性鼻炎


鼻血がよく出る  白血病 血友病

匂いを感じない 

鼻が痛い 






症状のいろいろ
部位別症状
気になる病気
当サイトについて
プロフィール


Copyright(C)子供・赤ちゃんにみられる症状!病気?All right reserved